日本語

Löschen = 保存??

パソコンを使ったことがある人なら誰でも一度は触ったことがあるマイクロソフトオフィス。 私も毎日大活用してます。 しかしドイツにきて気づいたのが、当たり前ですがコマンドが全部ドイツ語。 ドイツ語が全く分からなかった私は、ワードを使おうとしてもエクセルを使おうとしても何をどうしていいのか分りませんでした。 レイアウトやコマンドの位置は同じなので、「開く」とか「戻る」とか代表的なものは大体位置で分りましたが、それでも不安で、作った表や文章を保存する時はちゃんと保存されているかどうか3回くらいいつも確かめていました。 もちろん失敗も何回かしました。 「OK」と「キャンセル」がどちらがどちらか分からなくて、上書き保存しようとしてはキャンセルするということを1人で何回も繰り返していました。 また「名前の変更」がどこにあるか分からなくて、いろいろなコマンドを試していたらいつのまにか無駄にショートカットが作成されていました。 ワードで頼りになるものは自分の微かすぎる位置の記憶と、コマンドの絵だけ・・・・。 エラーメッセージでも表示されようものなら毎回誰かに助けを求めていました。 毎回手探りなのは不安すぎるので、もう迷うことがないようにと特によく使う「保存」や「削除」や「名前を付けて保存」などのコマンドは、ドイツ語と対応する日本語訳をポストイットに書いてパソコンに貼り付けておくようにしました! そのポストイットを毎回凝視しながら作業すること約1ヵ月。やっと前よりかは作業がやりやすくなったと思ったとき、やっと英語バージョンをインストールしてもらいました。 手に取るようにコマンドが分かる・・・!ちょっと感動しました。 他にもドイツ語のコマンドに苦労したメンバーがいたこともあって、新しくMS office commandsをいろいろな言語に翻訳してあるものがアップロードされます! 是非チェックしてみてください。 ちなみに私はインターネットを使うときでもやらかしました。 3~4のサイトをそれぞれ違うタブで開いていたのですが、タブをひとつだけ閉じたいのに間違えて「タブを全部閉じる」をクリックしたこと多数・・・ まだまだ見たい情報があったのに一瞬で閉じられていくページたち。

Read more
English

Uff! These Interjections!

Like in most languages, interjections in Hindi are most often a shout out to god or mother. The most famous interjections that an Indian mind would pop up with are the last words of our Beloved Mahatma Gandhi – Hey Ram…

Read more