日本語

日本語の話し方を極める

[English] 日本では話す時、手紙を書く時、相手によって言葉づかいを変えます。使われる言葉や、敬語にするかどうかは相手の年齢や性別、仕事上の位置、どのくらい仲がいいかによって決まります。 友達、後輩、家族に話す時:一番インフォーマルな文体になります。敬語ではなく「タメ口」で、通常仲間だけにしか通じない言葉や、省略言葉や方言などが含まれていて、教科書にのっているような日本語とはかけ離れているのが普通です。友達の名前を呼ぶ時はあだ名やちゃん付けでよぶことが多いです。 先輩、先生、教授に話す時:たとえ多くの時間を一緒に過ごしていたりとても仲が良かったとしても、使う言葉は敬語が基本になります。先生や教授には俗語などを使わないほうがいいと思いますが、先輩には語尾が敬語になる以外は友達と同じような言葉遣いで話します。名前を呼ぶ時は、「田中先生」や「田中先輩」のように名前のあとに必ず先生や先輩をつけます。 上司や取引先の人と話す場合:一番丁寧に話します。俗語や冗談は初めのうちは避けたほうがいいです。「田中課長」のように肩書きが名前の後に付けられます。 特にビジネス文書の場合は常にとてもとてもとても丁寧になります。たとえ同じ意味であっても個人的な手紙に使われる文章や単語とは、全然違うものが使われています。 多言語文例集のビジネスレターの部分と、私的な手紙の部分.を見比べてみるとよくわかりまが、ビジネスレターの部分のほうが文章が長く、漢字も多く使われていて、見た目だけでもフォーマルと分かります。 日本では年上の人に敬語を使うのは常識みたいなものです。ビジネスレターだけではなく普段の言葉づかいを見てみても、同じ意味だとしても使う言葉は全然違うものになります。例えば、「よろしく」という意味を持つ言葉も宛てる人によって4通りくらいに分かれます。 これからもよろしく(インフォーマル) これからもよろしくお願いします(一般的) 今後ともよろしくお願い致します(丁寧) 今後ともどうぞよろしくお願い致します(とても丁寧) 相手によって言葉を変えるのはとても混乱しますよね!

Read more
English

Stiff Hierarchy

I still remember that gloomy hour when a young teenager called me ‘Ms’ for the first time. That was a definite sign that the carefree days of my childhood/youth were over. I was officially an adult…

Read more