七夕祭の由来って?

日本では7月から8月にかけて日本の至る所でお祭りが開催されます。七夕祭りはその中でも有名なお祭りの一つです。七夕の行事は、中国から伝来したもので日本では7月7日に通例お祭りが開催されます。ところで有名な仙台七夕祭は旧暦の7月、つまり8月に行われています。

皆さん、七夕の由来をご存知ですか。7月7日は、こと座の一等星ベガ(織姫)とわし座のアルタイル(彦星)が一年で一度出会うことが出来る日です。中国の伝説によると、この愛し合っている二人はその日以外は天の川を堺に離れ離れで暮らしています。詳しいお話は次のようになります。天の川のほとりに、天王の娘である織姫がいました。彼女はよく働き、みごとな布を織りました。明けても暮れても働いていた織姫は恋人をつくる暇もないくらい懸命に働いていました。そこで心配になった彼女の父親は、天の川の向こう側で一生懸命働く牛飼いの彦星と自分の娘を一緒にさせようと二人を会わせました。二人は会ったとたんすぐに恋に落ち、その後間もなく結婚しました。しかし、結婚してからの二人は仕事をさぼるようになり、織姫は布を一枚も織らなくなり、彦星は家畜の世話をしなくなりました。そんな二人を見て、天王は二人に年に一度だけ、7月7日に再会することを許すことにしました。

今日、日本ではこの日に短冊に願い事を書き、それを笹に他の折り紙で作った飾りと一緒に飾ることが習慣になっています。この短冊などで飾り付けられた笹は近くの川へもって行き願いが叶うように祈ります。これは学校の行事の一つにもなっています。

話しが少しそれますが、祭りといえばやはり浴衣・甚平ですよね。猛暑が続いているとは思いますが、夏ばてに気をつけながら、夏を思いっきり楽しみましょう!

[English]

You might also like: