Appleの日本マーケットにおける失敗

[English]


なぜiPhoneは日本で売れないのか?がアメリカで議論を呼びました。実際、日本のマーケットに進出するのは迷路の中に迷い込んでいるみたいだとビジネスマンたちが嘆いているのを何度も耳にしました。GAP、Footlocker 、 Facebookなどはその失敗例の代表ともいえましょう。iPhoneも残念ながら同じ運命をたどっています。なぜそんなに日本のマーケット進出は難しいのでしょうか?

考えられる理由は以下の通りです:

  1. iPhoneは重量があり過ぎです。日本人はスリムな小物を好みます。
  2. よく日本の携帯電話の技術はすでにアメリカより5年発達していると言われています。なのでiPhoneは特に際立ったアイテムではなく、実際ビデオカメラなどの機能さえついていないのが現状です。
  3. コミュニケーションネットワークが違う故に起こる月々の高額支払い。(2009年2月にソフトバンクは月々支払いを大幅に値下げしました。)
  4. 日本語を入力するときのあの独特の変換機能はiPhoneのタッチスクリーンでは非常に使いにくいのです。
  5. iPhoneは両手で持たなくてはいけないのですが、これはあまりに効率が悪すぎます。というのも日本人が一番携帯を使うのは電車の中でだという調査が出ています。なので日本の混雑した電車で携帯を使いこなすには片手で使える携帯が必要なのです。
  6. 日本人はアメリカの文化が大好きですが、アメリカ製品に対しての信用を持っていません。日本人は日本製かドイツ製のものだけ信用している傾向があります。
  7. iPhoneは日本人女性にとってファッショナブルではないのです。彼女たちはもっとフェミニンなかわいい携帯がすきなのです。

つまりiPhoneはかっこいいけど、日本人にとっては実用的ではない!ということですね。

ではメインのトピックにもどりましょう。日本人がもっていたいアプリケーションは以下の通りです。

  1. 過労死を防ごう!
    日本人は夜中まで働く働き者で有名ですが、ペースを落として私生活を楽しんでいくことを学んでもいい頃合です。上司はiPhonesセンサーで従業員達の疲労度を判定し、アラームがなれば彼らに休暇を与えることができます。
  2. 自殺を防ごう!
    残念ながら日本は自殺率のもっとも高い国の一つです。統計によると毎年3万人以上を自殺によって失っています。特にリーマンショック以降その数は大幅に増えています。iPhonesセンサーで自殺の早期兆候を発見できます。
  3. 目的に応じたホテルを見つけよう!
    日本は目的に応じての多数のユニークなホテルが存在します。その幅はカプセルホテルからラブホテルまであり、料金やサービス形態も違ってきます。ラブホテルは日本でカップルのプライバシーを守るために使用されますが、それは日本がとても狭いからです。故にラブホテルビジネスは、けっしてなくなることはないでしょう。iPhonesを触るだけで、自分の指定距離内でのホテルとその空き状況、料金、サービス形態がひと目でわかる表が見れます。
  4. 日本人のyesチェック!
    もし日本人があなたへyesと返答したのであれば、それは時に本当にyesであり、時にNoを意味します。iPhone探知機で簡単に彼らの本音を探知することができます。

You might also like: