助数詞の不思議

英語でものを数える時、後ろに来る名詞が何であれ、one dog, one cup, one houseのように常に同じものを使い、2以上の数になる場合は後に来る名詞を複数形にします。日本語では複数形にしなくていい代わりに、1匹、1個、1軒のように名詞によって数え方を変えます。さらに、一匹(いっぴき)、二匹(にひき)、三匹(さんびき)と言いやすいように「ひき」の読み方まで変わります。これらの単位は助数詞と呼ばれており、500種類以上存在しているそうです。

日本語でものを数える時は和語(ひ、ふ、み、よ・・・)と漢語(いち、に、さん・・・)がごちゃ混ぜになっていて、1時、2時、3時、と順調に漢語で数えていてもなぜか4時で和語が入ってきたりします。このような例は他にも多くあります。

また動物には普通「匹」を使いますが例外も多く、ライオンやゾウや熊など大きなものになると「頭」で数えたり、ウサギはなぜか「羽」で数えます。また普通棒状のものは「本」を使いますがお箸は「膳」を使って数えます。またややこしいもののひとつに薬があり、粉末の薬は1服、2服、錠剤は1錠2錠または1粒2粒、水薬は入れ物単位で数えるので1本2本・・・となります。また順番を表す時や、マラソンなどスポーツの成績を表す時は1番2番、1着2着、1等2等、1位2位・・・と様々な表し方があります。また同じものでも形が変われば助数詞も変わります。例えば卵は1個。卵から生まれた鶏は1羽。切って鶏肉にしたら1個。鶏肉を料理したらその料理は1品。今まで意識したことはありませんでしたが、考えてみれば確かにどんどん変わっていっています。

日本語では物が「生物」か「無生物」かと、物の大小によって助数詞を使い分けるそうです。改めて考えると助数詞は日本語の大きな特徴ですね。ちゃんと適切なものを選べるかどうか、このクイズ で試してください!

[English]

You might also like: