日本人にとっての桜とお花見の意義

[English]


残念ながら宗教の違いにより日本にイースターを祝う習慣はありません。しかし通常春ならば桜祭り(またはお花見)が開催されます。桜祭りはいろいろな都市で開催されており、正確な日にちは気候によって左右されます。気候の違いにより大抵南の方から開花がはじまり徐々に北へと移っていきます。この時期になると大抵ニュースで開花の時期と同時に桜まつりがいつになるかの予想日を告げられます。そうすることで人々はどこにいつ行くべきかを決めることができます。2009年の告知について詳細を知りたいかたはどうぞこちらのサイトでご確認ください。http://gojapan.about.com/library/special/blsakurakaikayosou2009.htm

桜祭り(またはお花見)は、日本を代表する習慣のひとつです。もしあなたが 日本へ旅行しようと考えているならば、春に行くことをお勧めいたします。桜祭り(またはお花見)では通常、人々は桜の木の下に座り、お酒を飲み、食べて、歌い、踊ったりします。お茶の儀式などはよく伝統的な人々によって行われたり、その一方で若い人々は飲んで踊ったりをひたすら繰り返したりしていて、とてもおもしろいです。

お花見のクライマックスはなんといっても夜桜ですね。イルミネーションに包まれた桜を夜にみるのは、ただ圧倒的にロマンチックで美しく、息を呑むばかりです。

桜祭りはただのどんちゃか騒ぎのパーティではなく、日本人にとって意義のあるイベントなんです。桜ははかない美しさの象徴とされており、それゆえに人々はその慣習に重きを置いています。人々は自分自身の人生と重ね合わせ、自分の人生も桜と同様に短いことを実感します。だからこそ私たちは日々の生活に感謝し、その残された人生を大切にしていかなければならないと思いしらされます。自分の人生の花を咲かせるために、ベストを尽くし、プライドをもって散ってゆく。私たちはそういった哲学的なことを桜から教わるのです。

特に最近の経済危機のなかで、人々はそういったことを考える時間も、感謝しようとする余裕もなくなってきています。だからこそ今年の桜祭りは今まで以上に重要な役割をはたすのではないでしょうか?人々は厳しい現実から瞬間だけでも逃避して、自分の人生を振り返るための大切な時間を確保する。そういうことが大切なのではないでしょうか?

この記事を読み終えたあなたへ!日本を訪れてみませんか?

You might also like: